ナノインプリント薄膜技術のマイクロレンズで光の方向をコントロール
効果的な配光のライトガイドフィルム
革新のロール・トゥ・ロール製造法で低コストで製造

                                                                English
 
   
  ライトガイドフィルム Topページ
バックライティング用
  ライトガイド多層フィルム
  デコール用フィルム
  フロントライティング用
革新のテクノロジー
  製造プロセス
  開発・製造と世界販売
Homeに戻る
カタログのダウンロード
ライトガイドフィルム
     2018年3月27日更新

お問い合わせや資料請求は

株式会社SGY
 info@sgy-inc.co.jp

本社

東京都千代田区飯田橋
3-7-12 松野ビル4F
TEL: 03-5212-7787

東日本戦略オフィス
宮城県仙台市泉区山の寺
2-23-21


ライトガイドフィルム:ナノテクノロジーによる
携帯電子機器の導光ソリューション


用途: コントロールパネル キーパット キーボード ロゴ ディスプレイ

*膜厚が0.4mm以下をフィルム、0.4mm以上をプレートと呼び分けています。
原理
このライトガイドフィルム/プレートは、厚さ0.8mm以下のポリカーボネイト、PMMA、PETの様な光学的透明フィルム/プレートの片面に、発光させたい領域の面に下図の様にマイクロレンズのアレイをナノインプリントするものです。
   
上図の様にライトガイドフィルム/プレートの端に側面発光タイプのLEDを置くと、そのLEDから放射された光は光学特性により内部反射されて水色で表されたライトガイドフィルム/プレート内を進行します。
マイクロレンズのアレイにあたると光は方向を変えて外へ出ていき、外部からはそこが強く光って見えます。
このマイクロレンズの曲線形状とマイクロレンズの配置密度(数量)をコントロールする事により、その発光表示領域へ方向変換される光量がコントロールでき、光源から離れた表示領域でも均一な発光を実現できます。
 

直径30~50μの
マイクロレンズアレイ
フィルム素材 プレート素材
アドバンテージ
コントロールパネル、キーパット、キーボード等にこのライトガイドフィルム/プレートを採用すると、最小数のLEDで均一な発光が可能になるので、省エネとコスト削減になります。
LEDを横端に配置できるので(裏に配置する事に比べ)厚みやスペース上のアドバンテージが生まれます。
応用
  バックライティング用途
:キーボード、キーパッド、コントロールパネル、ロゴ等のバックライティング用途
  フロントライティング用途
:携帯電子機器等のディスプレイのフロントライティング用途
  側面端に置かれたLED光源からの光でディスプレイ表面を照らし、画面を明るくします。
設計
発光領域やLEDの配置場所を記載したお客様の図面(DXF)を基にして、最適なマイクロレンズの配置レイアウトを設計致します。
製造
上記設計図から、銅の様な柔らかな金属にライトガイドフィルム/プレートのロール用モールド(型)を製作します。
その金型を使って下図の様なroll to roll 製法で、大量に安価なライトガイドフィルム/プレートを製造致します。